アナログディスク再生

アナログディスク再生取組開始前に
検討すべきこと
全体の構想をあらかじめ検討した方が無難
です。
カートリッジとシェル一覧表 プレーヤーのカウンターウェイトとの釣り合い
に苦労します。
デジタル再生とアナログ再生の違い 音楽CDとLPレコードの違いを考えます。
記憶を呼び覚ますAD再生 アナログディスクは記憶を呼び覚ましてくれます。
アナログ再生とデジタル再生の比較表 あえて比較してみました、結果は・・・。
アナログディスク再生前の諸問題 アナログディスクの再生前に問題発生です。
ヘッドシェル・カートリッジ・リード線の
細々した問題
アナログディスクの再生では細々した問題が
噴出します。
ヘッドシェル・カートリッジ・リード線の
細々した問題(続)
本当に細かいことですが、大切なことだろう
と思われますので、是非お読み下さい。
プレーヤーのハウリング・マージン稼ぎ これは試行錯誤しかないと思われます。
改めてアナログディスクの再生について ご参考になれば幸いです。
機材の写真 10年以上アナログ再生はしませんでした。
感覚が無くなっていたので苦労しました。
アナログディスクの写真 こうした写真はありふれていますが。
アナログディスクのコンディション維持 アナログディスクを大切にしませんか。
新しいカートリッジセットを導入しました このセットは(価格的にも)いいと思います。
レコード無音溝の再生 レコードの無音溝を再生してどうします?
リード線のあれこれ お役に立てば幸いです。
ドライカーボングッズあれこれ 効き目が素晴らしいと評判のグッズを試して
みました。
ターンテーブルシートとしての
ドライカーボンの効用
ドライカーボンのターンテーブルシートで
何故音質が変化するのか考えてみました。
「日本の画期的トーンアームをフル活用」 素晴らしいトーンアーム、しかし手強い!
天秤式針圧計「SHURE SFG-2」の正しい
使い方
ちょっとしたコツがあります。
「レコード盤の反りに起因するサブソニック
ノイズへの対処」
大切な機材へのダメージを未然に防ぐため
にもケース・バイ・ケースで対策が必要です。
「フォノイコライザーのS/N比」 プリメインアンプ内蔵型・独立型について
ざっと調べてみました。
「モノラル・ステレオレコードとカートリッジ・
フォノイコのマッチング」
レコード溝幅と針先のマッチングについて
調べた結果などの報告です。
「アナログレコードの方がCDより良い場合
もあります」
アナログレコードとCDは使い分けることが
よろしいかと存じます。
「アナログレコードの溝の切り方
(定速度カッティング)」
レコード盤の音溝について理解を深めて
いただければ幸いです。
「モノラル録音でも再発盤ならステレオ
カートリッジが好都合」
予期せぬ事態でした。
「ステレオ針とモノラル針のカンチレバー
への取付け方の違い」
 シュアーの伝説のカートリッジV15シリーズ
の「15」の意味がようやく分かりました。
「レコードクリーニングの決定版!?」 難攻不落と思われた「パチッ」というノイズ
を除去出来ます。
MFSLの”Four & More”(Miles Davis)を
如何にして鳴らすか?
この盤には各種サウンドが律儀にキチンと
入っているのですが・・・。
「カートリッジを正面から見た場合の
傾きの測定と修正方法」
カートリッジの傾きが1度以内ならともかく
2度ともなると修正した方がいいと思います。
「レコードプレーヤーのハウリング対策
インシュレータ・ケース(案)」
これは極めて高度なインシュレーションが
可能な世界初のアイデアです!
「オルトフォン・カートリッジSPU MONO GM
MKUの鳴らし方」
アームを高くして垂直トラッキングを調整する
とうまくいきました。目標は20度です。
「Miles Davisのアルバム'FOUR & MORE”
の謎解き」
やや腹立たしい結果ですが、このアルバム
の場合、モノラルのオリジナル盤を聴く以外
に手がありません。
新型インシュレータ(試作品)の写真 「新型インシュレータのパーツ」
「新型インシュレータと防振パッドの比較」
「新型インシュレータをプレーヤーに設置」
「カートリッジの取付け穴形状に合わせた
ヘッドシェルの選択」
 カートリッジとヘッドシェルの取り付け穴には
相性がありますので、要注意です。

ホームページへ戻ります
Copyright(C) 20xx DDN All Rights Reserved.(記述例です)